仕上がり見本


納品見本です

スナップブックではスキャニング時の色を「自動認識」「カラー」「グレースケール」「モノクロ」の4種類の中からお選びいただけます。ご依頼される本の種類によってご指定ください。
※ご指定のない場合は自動認識になります。
※一度のご依頼分はすべて共通のカラー指定になります。

※カラー指定を変更の上での再スキャンには再度スキャン料金が発声する場合がございます。ご注意ください。


カラー指定の色見本

画象をマウスで右クリック(Macの場合はしばらくクリック)して、「対象をファイルに保存」のメニューを実行してください。

自動認識
自動認識 自動認識 自動認識 スキャナーがページごとに最適と判断したモードで読み取ります。
以下の注釈および「カラー」「グレースケール」「モノクロ」の説明をよくご覧の上ご選択ください。
※カラー、グレースケール、モノクロが混在することがありますので、全体的に統一感を持たせたい方は「自動認識」以外をお選びいただくことを強くお勧めします。
※薄い色はカラーと判断されない場合があります。
※モノクロと判断された場合は網掛けなどはつぶれることがあります。
これらは機器の仕様によるもので、修正依頼をお断りさせていただく事がございます。
カラー
自動認識 自動認識 自動認識 全ページをカラーで認識します。写真の多い本、また本文中に薄いカラー部分があるなど、確実にカラー認識させたい場合はこちらをお勧めいたします。
しかし活字部分もカラーで認識するため、可読性が落ちる場合がございます。
グレー
自動認識 自動認識 自動認識 全ページをグレーで認識します。表紙オプションのない、基本サービスのみの場合のコミックスなどにおすすめです。小説などの場合は活字の可読性が落ちる場合がございます。
モノクロ
自動認識 自動認識 自動認識 全ページをモノクロで認識いたします。小説・論文などの場合におすすめいたします。活字の可読性はもっとも高くなりますが、カラー部分、網掛けなどはつぶれやすくなります。
表紙オプションを選択されない場合のトップページ
自動認識 基本サービスのみのご注文ですと、本の箱、ハードカバー、化粧カバー、帯、厚紙部分などは取り去られます。書名のわかる内扉が先頭のページに配置されます。
ファイル名、OCRオプションを選択された場合の本文
自動認識 ファイル名を変更することでデータの管理が容易になります。OCRをかけることで。文字情報を認識できるようになります。




このページのトップへ